bangupcojp

Just another WordPress.com site

「買い物」タグのアーカイブ

海外のサイトで買い物をするときの落とし穴

最近の円高を良い事に、またしても海外のサイトにて買い物を頻繁にしております。

そこで、先日あった出来事を一つ。

DTMに使うプラグインなどは、比較的簡単に海外のサイトから手に入れる事が出来ます。いわいるメーカー直のダウンロードです。

この場合色々とセキュリティーが施されていて、ほとんど怖い思いをした事がないですし、ほぼ1〜2時間以内には使える事が多いです。非常に簡単だし、使いたい時に使う事が出来て、非常に重宝します。円高の時は特にお得感がまします。

ただし何かあった場合・・・たとえばシリアルが送られてこないとか、iLokにデポジットされないとか・・・

そんな時はやはり、その国の言語で、直接問い合わせをしなければいけないので、その辺の手間が、掛かるかもしれませんね。ただし、殆どの場合英語で何とかなりますし、その英語もネット上の翻訳機能を頼りに、訳して送ってあげるくらいで、理解してもらえる事が多いです。

とはいえ、プラグインを売っているメーカーの殆どは、その辺はしっかりしていて、困った事に遭遇した事は今の所ありません。

先日、更に安くプラグインを扱っているサイトに、お世話になってみました。

ここでは、「PAYPAL」が使えるというので、最初にそれで試してみました。すると先方から、「「PAYPAL」はアメリカ国内のみ有効で、インターナショナルペイメントは、不具合が見つかったので、今回は使えません。あなたが支払った分は「PAYPAL」の口座に戻します。」という趣旨のメールが来ました。

あれっ???

「何やら面倒だなぁ。」とりあえず「わかりました、そちらがお金を返してくれたら、違う方法で買い直します」という趣旨のメールを送り、もういちどそこのホームページに行ってみると、「インターナショナルペイメントには使えません」という文言が2〜3日前迄無かった「PAYPAL」の支払の後ろに赤字で書いてありました。

あらま・・・

「とりあえず向こうから払い戻しされるのを待つか・・・」

しかしその後一週間何の音沙汰も無し・・・流石にのんびり屋の私も、いい加減心配になり、「いつお金返してくれるのか、連絡ください」ってメールをしたら。次の日に「今日払い戻しをする」って返信がありました。

それから待つ事3日、無事払い戻しが確認出来ました。

それで、やはりこのサイトの安さに未練たらたらの私、お金をちゃんと返してくれた事もあり、今度は、クレジットカードで買う事にしました。カートに入れて、チェックアウトを押して、カード情報を記入。無事先方からオーダーシートが送られて来る。

しかし・・・またしても先方からのメール・・・

今度は、「クレジットカードの引き落とし口座のある銀行の、インフォメーションの電話番号を教えて下さい。」「はぁ???⌒ヽ(*゚O゚)ノ」何やらわからんけど、言われた通り、支店の電話番号と、代表の電話番号、支店のURL、その銀行の英語のホームページのURLをメールしました。

その後約3日、無事シリアル及びiLokへのデポジットが確認出来て、プラグインが使える様になりました。

さてさて、そこからが大変!

無事使える様になったプラグインなのですが、支払の方が、確認出来る迄タイムラグがあって、なかなか請求が上がらない。そこへカード番号の最初の数字を入れたメールが VISA.comという所から送られて来ました。

「あなたのカードがチェコのATMで使われましたが、セキュリティーの都合上一度保留に致しました。もしあなたが使ったのであれば、このフォームに記入して送り返して下さい。」と書いてありました。それで誘導されたURLへ行くと、VISAのいかにも本物のLOGOあるページで、個人情報すべてを記入して送る様になっていました。「名前、カード番号、セキュリティー番号、生年月日など」流石になんかおかしいなと思い、その日は記入を踏みとどまり、そのままにしておいたのですが、また次の日、今度は南アメリカの小さな街で使われましたというメールが来ました。

そんなこんなで、計三通同じ様なメールが送られて来て、流石に「これは向こうの人が、決済出来なくて困ってたらヤバいな〜」って気になって来て、日本のカード会社に連絡をしました。

するとカード会社の方は、「そのようなことを、こちらからする事は無いです。」って、ただこちらも決済された形跡がないので、「向こうが困っていたら嫌だな〜」って思って、何となく本当に大丈夫なんだろうか?って気になって来ました。

もうこの時点で、見事に釣られていました⌒ヽ(*゚O゚)ノ
冷静に考えると、支払も確認出来ない者に、シリアル送ったり、デポジットする訳無いんです ┐(‘〜`;)┌

いくら向こうが親切に対応してくれたからと言って、そこから先の事を考える必要は無かったんです。向こうは商売ですから、お金をもらわないのに、商品をくれる筈がありません!

いやぁ〜危ない所でした。まんまとフィッシングに引っかかる所でした(^^;)

カード会社の人が、「それはフィッシングの可能性が高いですね〜」ッてさんざん言ってくれたにもかかわらず、「先方が困ってたら嫌だな」ってず〜っと引っかかってました。

まぁその時は、何かあったら、買った店から直接「金払え」って言って来るだろうと、腹を括ったので、大事には至らなかったのですが、けっこうヤバかったです。これが騙される側の心理なんだなって思いました。

それで、そこから3日後、カードの明細を見たら無事決済されていて、それ以外の被害は、まったく無かったです。因にその後、誘導されたURLヘ行ってみたのですが、「このサイトは、フィッシングの可能性が高いです」ってアラートが出るようになってました(^-^)

海外での買い物、確かに安く変えるメリットは、ありますが、気を付けなくては行けない事も沢山あります!ヤバいと思った時は、一度冷静になってみる事ですね!

気をつける事さえ出来れば、お得に、楽しく買い物が出来ると思います!

広告

投稿ナビゲーション