bangupcojp

Just another WordPress.com site

Zepp TOKYOにて

某 悪徳制作 兼 ステージプロデューサー に呼ばれて┐(‘〜`;)┌

「ミクの日感謝祭 39’s Giving Day」in Zepp TOKYO

にお手伝いをして来ました。

今回の仕事は、自分に取って非常に異質で、あまり賛同出来る物ではなかったのですが、実際そこには同じ時間を共有する沢山のオーディエンスが存在し、興奮も感動も間違いなく存在していました。

歌い手不在のコンサート・・・

厳密に言うとコンピューターで作られた「初音ミク」という虚像の女の子がプロジェクターから映し出され、ステージ狭しと歌い踊る・・・

彼らは、彼女達はそこに何を見たんだろう?夢と現実の狭間で、自分の理想を彼女に追い求める・・・

耳を劈く程のコンピューターで作られた声(音かな?)

音楽は、人の念いを伝えるもの、感情を伝えるものだとずっと思っていた。確かに制作者の意図が「初音ミク」という媒体を通して、オーディエンスに伝わるならば、それはそれでアリなのかもしれない。ある意味人間を楽器にしてしまった、Perfumeなどと変わらないのかもしれない・・・テクノ?

もう20年も前にYMOがこの世に生まれいでて、その順当なる進化が「初音ミク」なんだろうか?

やはり何かやりきれない・・・

決して、オーディエンスを否定するつもりは無い。勿論制作した方々もですよ!音楽として考えた場合、アレンジや、楽曲のわかりやすさ、うなずける物は沢山ある。本当に音楽を作る事を楽しんでいるように見える。決して決められて道のない音楽だからこそ、これで良いんだと思う。

それでもやはり・・・

心の底に痼りのように引っかかる┐(‘〜`;)┌

何なんだろうこの気持ち。

これから先こんなショーが増えるんだろうか?

プロジェクターから映し出された、3Dの彼女達が彼らがステージを我が物顔で闊歩する・・・コンピューターで作られた声が、耳の奥に迄張り付いて来る。感情の無い、ピッチの良い、決してまちがう事の無い「うた」?

これもアリなんだと自分に言い聞かせる。

あ〜でも身体の芯迄震えるような、突発的ハプニングを含んだライブが、やっぱり好きだ〜

個別投稿ナビゲーション

Zepp TOKYOにて」への4件のフィードバック

  1. P より:

    初音ミク面白いじゃない!
    PCにトラブルがあれば
    彼女はいなくなるんでしょ
    別にピッチも外そうと作ればいくらでも出来るし
    間違いを作れば間違って歌うし
    すべては作る側でなんとでもなるよね
    今は
    アイドル歌手は
    手の届かない存在であり
    何か違う形で
    音楽も感情も
    求めてるんでしょ

    良いと言う人がいるから
    成立してるし

    最終的には人間が人間を作り出したんです。

  2. あいかわらず君らしい解釈で(^-^)

    決して何が悪い訳でなく、流れて行く時間の中で、人間味を感じられなかったって事かな・・・

    作り込む事は良いけど、その場、その時の感情の昂りが、作り手側に感じられなかったかな。それは、悪い事ではなくて、自分にとって楽しい事ではなかった。それが全てかな。例えばこれが、口パクの人間がやったらどうだったろう?それなりに楽しめたんだろうか?新しい物に、自分の感覚が着いて行けてないだけなんだろうか?なんだかよく判らん・・・

    君が言う通り、音程をずらす事も、歌詞を間違える事も、全て作り込んで行けるけど、それが今の自分には、良い事とは思えなかっただけなのさ (o^-’)b

    これからこういうコンサートが増えない事を期待したい(^^;)

    彼女は彼女の物としてだけ、君臨してくれればそれが良いなぁ〜
    彼女自体は、全く否定しないよ。勿論ね (o^-’)b

    それこそ君が言う通り、それを善かれと思う人達も沢山居るんだもの。

  3. P より:

    まぁ!究極を言えば
    やならやらなければ良い事で
    仕事は楽しいだけじゃダメだと言う事
    楽しい仕事だけする事は
    今の俺たちには望んではいけないと思う。
    管理職の辛いとこだ!
    俺ナンンゾ
    口で言ってしまえば楽しくないよ!
    でも楽しさに変えなくちゃ
    やってられない
    人にあやまりお願いをして
    人間かわるよ!
    プロダクションはつらいのょ!
    あの時代と何も変わってない!
    しかし
    あの時代が俺たちを強くしたと思うよ
    今年もかますんだぁ!

  4. そうだね・・
    仕事に行ってその仕事に対して文句を言う奴が多いね〜最近。

    その仕事が「自分を喰わせてくれている」って事を認識出来ていない。自分から仕事を取ってこないからそれで良いんだろうけど・・・状況を変える為のモンクなら、大きな声でちゃんと言えば良い。ただの愚痴なら、仕事自体を受けない方が良い。

    受けた仕事なら楽しめば良い、良くして行けば良い。

    答えはシンプルだと思う。

    今回の件を糧に、この現場にも新しい風を吹き込むつもりだよ勿論。ただの愚痴では終りませ〜ん(^-^)それが、俺達がやって来たやり方じゃん!

    ただ今回は、現場に参入というよりは、オーディエンスよりで本番を見る事が出来たので、それに対する客観的な意見かな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。